薬などに依存しない

薬などに依存しない

このページでは鎮痛剤などに依存しない為の情報や意見を掲載しています。現代社会で疲労を薬を使っても疲労を完全に除去する事なんてできないのかもしれません。しかし…

 

睡眠薬、抗不安薬などに依存しない

出来るだけすぐに眠りに落ちたいので、病院で処方してもらった睡眠薬を飲んでいましたが、酒より良いということを聞き服用していましたが、依存症になっているような気がして病院に問い合わせました。すると病院で処方される睡眠薬は、長くて4時間で切れる“睡眠導入剤”だということが分かりました。また、最近のは依存性が少ない薬品を使用していますので安心してください、しかし睡眠薬って依存症になりやすい薬なので、目安を決めて使用しましょうとの事でした。

始めの方にも触れましたが、不眠症にはお酒より睡眠薬のほうが良いことは確かです。お酒は眠りを浅く(睡眠の質を悪く)しますし、アルコール性不眠というのもあるくらいです。
睡眠薬については、昔のように中枢神経系に作用する薬と違い、最近は脳のリラックス系の神経に作用し、穏やかな眠りに誘う「導入剤」ですので、怖い薬ではありません。医師の処方を守って使えば安全ですし、症状が改善すれば、正しい減薬の仕方もちゃんと指導してくれますよ。
それより「出来るだけすぐに眠りに落ちたいので」いう点が、ご心配の依存を左右すると思いました。 薬がないと本当に何時間も寝付けないのか、もしくはそうなったら嫌なので予防的に飲んでしまうのか。 (つまり生理的依存か、精神的依存かです)自己分析してみてください。
私も一時は毎晩飲んでいて今はやめられた1人ですが、今思えば、途中までは生理的依存、後半は精神的依存でした。そこで主治医の提案で、とりあえず薬と水を枕元に用意して床に入り、読書などをして、どうしても眠れない時だけ飲むという方法をとりました。その間、薬は徐々に軽いものに変えて行きました。またそれと並行して、昼間よく身体を動かす。入浴は眠くなる前に済ませる。寝くなったらすぐ床に入る。もし眠れなくても翌日眠いだけだから気にしない。など、生活習慣や気の持ち方を変えるようにしました。
飲みたいけど依存したくない、相反する気持ちはかえって緊張を高めてしまい、良くないですもんね。 自分が自分の主治医になったつもりで、良い対処法を考えてみてください!