ストレスをためない

ストレスをためない

このページでは一般的な、ストレスをためないための情報を掲載しています。 現代社会で疲労を完全に除去する事なんてできないのかもしれません。しかし…

 

ストレスをためない

一例ですが、ご紹介します。
ストレスはあくまで主観的なものです。同じ事件に遭遇しても、ストレスをあまり感じない人と、強く感じる人がいます。
つまり、ストレスに強い人と、弱い人がいるのです。それでは、どんなタイプの人が弱い人なのでしょうか。
緑の矢印のアイコン 「いい人」ほどストレスに要注意、ストレスに敏感な人は、ある4つの特徴があると考えられています。
まじめでまめな人
融通の利かない人
嫌なことでもガンマンする人
過ぎたことにとらわれる人
これら4つのタイプの人が、ストレスに弱いと言われています。
まじめでまめな人は、よく周囲に気を使い、いわゆる「いい人」に多いタイプです。人からの期待に答えようと、徹底的に頑張るタイプです。
しかし、そのプレッシャーゆえか、頑張りすぎて自分を追い込んでいるので、結果的に疲れきってしまうようです。
融通の利かない人は、自分のルールをかたくなに守ります。よく言えば常識のある人、悪く言えば頑固なタイプです。
こだわりをもって何事にも取り組むので、周囲で衝突することもしばしば。結果的にストレスを抱えてしまいます。
嫌なことでも我慢する人は、内向的なやさしい人が多いようです。誰かに嫌なことを言われても、ぐっと我慢します。面と向かって相手とけんかするより、自分が我慢してしますのです。
我慢して我慢して、結果爆発してしまうタイプです。
過ぎたことにとらわれる人は、「あの人にあんな態度を取ってしまった」、「あの時こうしていれば」とあれこれ悩む不安症タイプの人です。
くよくよしてしまうので、心にネガティブな思考が溜まってしまい、ストレスになります。
ストレスに状態になる前にどうやってストレスが溜まってきたのかを考えてみると案外簡単に解決策が出てくるものです。