風邪

疲労の症状:風邪

このページでは全身のダルさについての情報を掲載しています。

 

疲れと風邪

疲れ風邪なんて言葉を、我が家では良く使いますが、この時期、こうしたちょっとした疲れ風邪がとても多いように思います。後もう少しで一年が終わる、ふう~今年も頑張ったなあ、という気の緩みと年末の締め切りに追われて、ラストスパートというプラスアルファの仕事、 そして、忘年会などでいつもよりも不規則な生活リズムが続いている・・。そんなときに、かかりやすい症状です。
いわば、心からも、身体からも、エネルギーが普段よりも、漏れ落ちてしまっていて、 しらずしらずのうちに、充電不足ぎみになっている。
しかし、忘年会や、クリスマスといったイベントが続くために、普段にもまして、その自覚が消されてしまいやすいのです。
ちょっとしたダルさがメインなので、無理しようと思えば無理がきいてしまうそんなところが、この疲れ風邪の恐ろしいところ。 この疲れ風邪の症状を無視して頑張りすぎたり、不規則な生活を続けてしまうと、あとで、大きな大きなツケとなってしまいやすいのです。
お正月に体調が崩れて熱がでたり、何もする気がおこらなくて、ぐーたら寝正月を過ごしてしまう・・
そんなぐらいなら、まあいいのですが、 年明けて、会社や学校が始まっても体調が戻らないとか、気持ちにエンジンがかからない、といった症状が続く可能性があるんです。休み明けから、うつ病の症状が出てくるっていうのも、実は、結構多いんですよね。

にんにく注射

スポーツ選手や芸能人でなくても、仕事がハードで翌日になっても疲れがとれないとか、一度風邪を引くとなかなか治らないというような人には「にんにく注射」をするのが良いと思います。
「にんにく注射」は溜まってしまった疲れの原因となる乳酸を分解するための成分を補ってくれるからです。 こんな人にお勧めです。

  • 倦怠感がなかなか抜けない人
  • よく寝ているのに、全然疲れがとれない人
  • 疲れがたまっていても、なかなか仕事を休めない人
  • 夏バテなどで体力が落ちている人
  • 冷え症や虚弱体質で、よく風邪を引く人(一度かかると治りにくい人)
  • 緊張型頭痛や肩こり、腰痛に悩んでいる人

自分は風邪を引いたり・非常に疲れた時はいつも「にんにく注射」を打ってもらいに行っています。