ビタミン摂って疲労回復

ビタミン摂取の重要性

生きていくために必要な栄養素のうち、炭水化物やタンパク質、脂肪は三大栄養素と呼ばれ、ミネラル、ビタミンは微量栄養素と呼んで分けられているようです。微量栄養素がなければ、三大栄養素の働きが十分にできなくなってしまうのだそうです。
ビタミンは、生理作用を円滑に行うための潤滑油みたいなもので、ビタミンが不足すると、病気になったり、疲れやすくなったりするようです。免疫力が低下して風邪をひきやすくなるほか、骨粗しょう症や壊血病などの病気が起こりやすくなるみたいです。
ビタミンは、疲れを解消するためにもなくてはならない成分です。
疲れを解消させるためには、糖質の代謝を活発にする必要があり、特にビタミンB12が疲労回復にとてもよく働くようです。ビタミンB12は、卵や牛乳に含まれているほか、魚や貝、肉、海藻類にも含まれています。
また、ビタミンB1やビタミンCが不足すると、疲れやすくなるそうです。ビタミンB1は、糖質からのエネルギーを生産するのに必要な成分であるほか、皮膚や粘膜の健康維持を助けてくれる働きをするそうです。ビタミンB1が不足すれば、疲れやすくなったり、食欲不振や夏バテになったりするようです。
このほか、ビタミンCは、細胞を活性化する働きがあるほか、ガンや生活習慣病を予防するのに良いとされています。免疫力を高めて、疲れを早く解消するのにも役立つ成分ということです。
肩こりや筋肉痛には、ビタミンEが有効なようです。ビタミンEは、血行を良くして筋肉の腫れをほぐすのに役立つ成分で、唐辛子や小麦、せん茶、植物油などに含まれているようです。