睡眠で疲労解消

疲労回復といえば、やはり睡眠をとるのが一番効果的なのではないでしょうか。疲労回復と睡眠は密接な関係にあります。
睡眠は人間が疲れをとるために必要不可欠なものであり、疲労回復だけでなく「成長」「休息」のために無くてはならないものです。しかし、疲労回復のための睡眠というのは「ただ寝る」だけでは駄目だという事をご存知でしょうか。
疲労回復のための睡眠には「眠りの質」が大切です。深く疲れを取ることができる様な眠りが必要なのです。 では、疲労回復のための睡眠をとるにはどうしたら良いのでしょう。
効果的に睡眠で疲労回復をするためには、ちょっとした工夫が必要です。 まず、寝る前に食事を採らないことが大切になってきます。
食事を採ることで消化が活発になるので、疲労回復のための睡眠をとりにくくなってしまうためです。これって基本ですけど、皆さんは守っていますか?単純ですが非常に意味のあることなんです。
疲労回復のための睡眠をとるには、「規則正しい生活」も大切です。とにかく、毎日同じ時間帯に寝ることが大事なのです。
後は睡眠時間も左右してきます。人によって「心地良い疲労回復のための時間」は異なります。 その人にとって足りなくても、別な人にとっては多いという事もあるのです。
では、何を基準に「自分にちょうど良いの睡眠時間」を見つけたら良いのでしょうか。疲労回復のための睡眠時間は、快適な一日を送れた時の睡眠時間です。まあ当たり前ですけどね。なんとなく分かっていると思いますけど。ちなみに私は7時間ですね。
疲労回復のための睡眠をとるには、「お酒」「カフェイン」も禁物です。 それから「睡眠薬」もできれば避けておきたいところです。
睡眠薬を飲むとよく眠れるので「疲労回復ができた」と思う事も多いのですが、これが続くと不眠症になってしまう可能性もあります。
お酒やカフェインも、寝つきが悪くなるために疲労回復ができにくくなってしまう可能性があります。疲労回復をしっかりしたい場合は、「お酒」「カフェイン」の摂取は避けましょう。
こういった基本をしっかりと守りながら、快適な睡眠で疲労回復できる体制を作りましょう。

正しい睡眠の仕方(動画)