自然に触れ合う

自然

日常の中で息が詰まったり、体の調子が悪い時、自然の中に出て気分が良くなった体験はありませんか?自然の中の癒し効果としていわれているのが、樹木自身が作り出して発散している「フィトンチッド」という揮発性物質、水しぶきや木々から発生するマイナスイオン(自然が持っている良質の空気)です。「フィトンチッド」は人間の精神的な快適さと身体機能を高めることが確かめられています。「マイナスイオン」は、人間の生理作用を快適にし、人間が持っている自然治癒力を高める働きがあるといわれています。
これらの自然のエネルギーをできるだけ取り入れていきましょう。特別の場所でなくても自宅の近くの木々が繁った公園、神社でも十分です。散歩の途中、噴水の近くで休憩というのは特に効果的です。

自然のある情景