泣いて疲労回復

泣く事と疲労について

ここ数年、泣ける映画やドラマ、本の人気が続いています。火つけ役ともいえる『世界の中心で、愛をさけぶ』は本、映画、ドラマともに大ヒット。2004年の流行語大賞で「セカチュー」がトップ10に入賞するなど、「セカチュー現象」を巻き起こしたことを覚えている人も多いでしょう。
思いっきり泣いたあと、気分がすっきりした経験をもつ人は多いと思います。この涙のカタルシス効果は昔から経験的に知られていましたが、最近の研究で、涙には心にも体にも「癒し効果」があることがわかってきました。
まず涙のストレス解消効果です。ストレスとの関係が深い自律神経は、呼吸や血液循環といった体の大切な働きを意思とはかかわりなくコントロールしていて、緊張や興奮を促す交感神経と、リラックスや安静を促す副交感神経があります。泣いて涙が出るという状態は、交感神経が優位な状態から、副交感神経が優位な状態に切り替わることによって起こっています。だから涙を流して泣くときには、ストレス状態が解消され、リラックスした状態になります。逆に、涙をこらえるのは緊張状態を長引かせ、ストレスをためることになって、健康によくないというのです。
また泣いた後には、脳内ホルモンの一つでモルヒネ様物質として知られる「エンドルフィン」が増加することがわかっています。エンドルフィンには強い鎮静作用があり、適度な運動の後などにはこの物質が増加して、ストレス解消とすっきり感をもたらすことが知られています。泣くとすっきりするのは、こういうわけだったのです。

私が思うに…

泣く?とストレスが解消されるの?なんて思うかもしれませんが・・・・
実は涙を流して泣く事は意外にもストレス解消に貢献してくれる事が分かってきました。
テレビや映画で涙が止まらなくなるほど泣ける瞬間(号泣)は誰でも経験していますよね・・・。私も気づくと滝のように涙してますからこうやって涙を流す事により一次的にストレスがリセットされます。これが心にも体にも良いのだそうです。泣いて悲しんだ後、妙にスッキリした気分になったりしますよね?これは無意識にスイッチが切り替わって泣く事でストレスが洗い流される訳です。
ちなみに基礎分泌等で常に流れている涙や玉ねぎの切った時にでる刺激による涙は全く別物です。悲しかったり、辛い時、悔しい時や嬉しい時、感動した時に流す涙にストレスを解消する効果があるのだそうです。泣きたい気持ちを我慢しないで思いっきり泣いてみるものいいかもしれません。

感動で疲労を解消できるか試してみる