睡眠障害

睡眠障害は、文字通り睡眠を妨げになる状態に陥ることを指します。一般的には不眠症として知られています。
ここでは不眠症と疲労の関係について掲載しています。
不眠症とは、眠りたいにもかかわらずいっこうに思うように眠れないためこれを苦にして悩む状態、あるいは眠れないという自覚的愁訴が主な症状で、これが慢性的に持続し本人自身がそれを苦にして悩んでいる状態をいいます。
不眠があるだけでは不眠症とはいわず、不眠症には思うように眠れないということと・それを苦にしているという二つの特徴があります。
不眠のパターンをはっきりさせることが大切です。不眠症のタイプとしては
入眠障害
中途覚醒
早朝覚醒
熟眠障害
があります。

0010

 

 

 

 

 

睡眠のパターンと睡眠障害の原因をはっきりさせることで診断と治療をするというのが現在の流れです。治療の原則としては、原因があればまずそれをとる。原因は、環境だったり病気のこともあります。
眠れないということは、何らかの問題を抱えているということになります。それらは、心の問題と密接な関係があります。
不眠はよく心の病気と言われますが、例えばうつ病の患者さんは、うつ病の薬と睡眠薬を処方されます。

 

うつ病は不眠をともなう心の病気だからです。神経性の病気は、強いストレスや悩みが原因で起こります。
そして、このような患者さんは不眠症になる傾向が強いと言われています(もちろん、不眠症の方全員がうつ病と言っているのではありません)。
これは、眠れないことと、ストレスや悩みなど、心の問題が不眠の原因になっていると考えられます。一時的な不眠症の場合、睡眠改善サプリが効果的です。