内蔵機能の低下

累積疲労

暴飲暴食によって胃腸の粘膜が損傷することから胃腸の疲れが生じます。すると、胃腸が正常に働かず、食物を消化吸収する機能が低下し、活動に必要なエネルギーをうまく生み出せなくなります。 そのため、エネルギー不足からスタミナ切れとなり、疲れやだるさを感じるだけでなく下痢や便秘といったおなかの不調などが生じるのです。
「疲労」には、さまざまな疲労があります。

  • ■暴飲暴食などによって胃腸が疲れる内臓疲労
  • ■加齢によるものや、活動量が多いがための肉体疲労
  • ■ストレスによる精神疲労

0004このような疲労は免疫力低下で引き起こされる症状なのです。

この「疲れ」は、放置しておくと、さまざまな不調を引き起こし、病気の引き金にもなりかねないということです。免疫力低下のサインともなる疲れを解消するには、どんな疲れであれ体と心を休めることが大前提になります。

生活習慣をできることから改めて、体と心を休めることで疲労は回復へと向かいます。特に日々の体を動かすパワーの源となる食生活は大切なので、どのように疲れていて、どんな栄養成分を補うかを知ってとることは、疲労回復への近道です。

 

また食生活を正すことはもちろんですが、食事だけでは補いきれない栄養素があることは確固たる事実。そんな時はサプリメントを上手に取り入れるのも賢い方法なのです。日々必要な栄養素やカロリーなど計算してバランスよく食生活を組み立てるのはほぼ不可能であるということなのです。

 

そもそもサプリメントとは、薬ではなく勘違いをしている人が少なくないのではないでしょうか。

サプリメントは薬のように飲んだから病気にならないというものではなく、日々の食生活で補えない栄養素を補給して病気にならないように賢く利用する物だと正しい理解が大事なのです。まずは疲れを知り、対策をし、サプリメントを賢く利用し毎日気持ちよく元気で健康な毎日を手に入れましょう。