社会による疲労

ストレス社会!

性別を問わず、現代社会を頑張っている皆さんには、心身ともに大きな負担がかかっていると思います。

ストレス社会と言われるように、私たちを取り巻く環境は、精神的にも肉体的にもストレスに囲まれた環境であり、体がストレスに蝕まれやすい状況ですから、この気力低下にどう対応していくかが、疲労改善の鍵となるといえるでしょう。

社会不安という病気

社会不安についてお話しています。

近年では、現代社会で生きる多くの人が抱えている病気といわれる社会不安というものが注目されています。

この社会不安という病気は、アメリカ精神医学会において社会不安障害(SAD)と定義され、日本においては“あがり症”として広く認知されているようです。
普通のあがり症なら、一般的にはそれほど問題とはなりませんが、その症状がひどくなると精神的にダメージを受けて参ってしまったり、身体のふるえや吐き気や頭痛といった身体的に困った症状が出ることもあるのです。多くの人は、人前でのスピーチや大きな会議で発表する際には、多少の緊張はするものです。
しかし、この社会不安の病気を抱えている場合には、当該の会議やスピーチのある何週間前から不安な状況になったり、食事すらとれない状況になってしまうのです。また、普段の何気ない生活においても、友人と話をするのが面倒になったり、知らず知らずのうちに人のいないところへ行ってしまうという慣習が見られたりします。そのような、症状が現れたら社会不安の一種と考えることができるでしょう。
この社会不安になる年齢を見ると、10代の思春期の頃がもっとも多いのですが、30~40代の中年世代になって、会社の管理職の地位に就いたとき等に人前で話す機会が増えたりすると発症するケースも見られます。

この社会不安の困ったところは、どうしてもこの社会不安は病気とは思われないため、自分が精神的に弱いだけだと思いこんで我慢することが多いということです。そのため、カウンセラーなどの専門家に相談することすら出来ずに一人で悩み込んでしまい、もっと重大な精神疾患に陥るケースすらあるのです。
いまや社会不安は、ストレス性の精神疾患と同様に、立派な病気であるとカテゴライズされており、会社によってはカウンセラーを常勤させ治療や防止に努めています。このように、社会不安は病気であるという観点から、社会不安は治療や薬で治すことができるのですよ。
ストレスを抱えて生きるしかない現代人は、多くの病気を抱えています。健康な時はそれに気がつきませんが、何処かしら患っていると健康のありがたみに気がつくものですね。

ケガ等であれば、その部位が回復するのを待っていれば良いですが、ストレス性の精神的な病気の場合は、放っておいても回復するということは無いため、一生それに悩まされたり、重症化する恐ろしさがあります。従って、ストレス性の疾患は、専門家による治療が必要となってきます。

 

もし、自分が社会不安に該当するかな?と思い悩んでいたら、専門医に相談することをお勧めいたします。