自律神経の失調

慢性的な疲労感、倦怠感、不眠、めまい、ほてりが自律神経失調症の代表的な全身症状です。「いつもとどうも違う」「体調が悪い」と気づくのも、こんな自覚症状がきっかけとなることが多いようです。自律神経失調症のさまざまな症状のうち全身症状の代表的なものが、慢性的な疲労感、倦怠感、睡眠障害、めまい、ほてりなどです。全身症状は比較的初期の段階から現れるため、これによって自律神経失調症を疑う場合が多いです。